8連騰で日駐車場開株が1年半ぶり高値、新規受託増や高配当利回り

日本駐車場開発の株価が8連騰。 一時は前日比2.7%高の6150円と2008年1月11日以来、約1年 半ぶりの高値水準を回復した。大都市圏で目抜き案件を相次ぎ新規に 受託、ストックビジネスのため、業績確度も高いとみられている。配 当利回りが3.3%台と高く、決算期末を意識した買いも入った。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。