米独立記念日の旅行は直前がお得、NY一泊92ドルの格安プランも

米国民で7月4日の独立記念日に 旅行する人は、ぎりぎりまで待った方がよさそうだ。リセッション (景気後退)でぜいたくな旅行計画が鳴りを潜め、マンハッタンのホ テル1泊が92ドル(約8840円)のプランや、週末の宿泊・航空運賃 込みで200ドルのパッケージ・プランが直前になって提供されている ためだ。

インターネット旅行会社プライスライン・ドット・コムによると、 人気の旅行先はニューオーリンズ市街地やラスベガス・ストリップ、 シカゴのミレニアムパーク、ニューヨークのタイムズ・スクエアなど。 メリーランド州オーシャンシティーやデラウェア州フェンウィック島 のビーチホテルにはまだ空室があり、今週も顧客の予約を受け付けて いるとホットワイヤー・ドット・コムのクレム・バソン社長は話す。

バソン氏は電話インタビューで、「ぎりぎりで決めることが可能 だ」と述べ、「航空券がさほど高くないとして飛行機で旅行する場合 でも、今のところ満席ではないし、ホテルも今週末の予約は可能で値 段も満足できる水準だ」と語った。

全米自動車協会(AAA)の6月24日の発表によると、経済的 な不安や個人所得の減少の影響で、今週末の旅行者数は前年比で

1.9%減少する見通し。

AAAによると、7月4日の独立記念日の祝日は、子供の学校が 休みとなるため、家族連れなどで自動車旅行が1年で最も多くなる時 期。AAAの予想では、今週末の旅行の5%は空の旅が占めるという。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE