S&P:オリックスの増資「格付け影響なし」-信用力改善効果は限定

スタンダード&プアーズ(S&P) は3日、オリックスが2日発表した7月中の普通株式による1800万株の 公募増資に関して、「資本増強は財務基盤の強化に資するものの、保有 資産の劣化が進む可能性や収益力の維持に対する不透明感などを勘案す れば、同社グループの信用力改善効果は限定される」との見方を示し た。その上で「同社の格付けには影響しない」との判断を発表した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。