インド財務相:インフラや貧困対策への支出拡大か-今年度予算

インドのプラナブ・ムカジー財務相 は、6日に議会に提出する今年度(2009年4月-10年3月)予算案で、 同国経済の成長を支えるため、電力や道路、貧困層支援への支出を拡 大させる可能性がある。予算案は、6日午前11時(日本時間同日午後 2時半)に議会に提出される。

5月の総選挙では、シン首相の国民会議派を中心とする与党連合 が過去20年間で最大の勝利を収めた。同首相は支持者に応えるために も、2年連続で財政赤字の拡大を容認するとみられている。ゴールド マン・サックス・グループでは、今年度のインドの財政赤字が対国内 総生産(GDP)比で6.5%となり、前会計年度の6.2%から膨らむと 予想している。

ゴールドマンのエコノミスト、タッシャー・ポッダー氏(ムンバ イ在勤)は、「第2次シン政権の政策姿勢を見極める上でも、予算案は 重要だ」と指摘。「財政赤字は無理なく賄うことができる。今よりも選 挙前の方が財政赤字に対する懸念は強かった」と述べた。

-- Editors: Michael Dwyer, Stephanie Phang

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 若林 有紀 Yuki Wakabayashi +81-3-3201-2263 Ywakabayash1@bloomberg.net Editor:Masami Kakuta 記事に関する記者への問い合わせ先: Cherian Thomas in New Delhi at +91-11-4179-2023 or Cthomas1@bloomberg.net. 記事に関するエディターへの問い合わせ先: David Tweed at +81-3-3201-2494 or dtweed@bloomberg.net.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE