中国の曽培炎元副首相:準備通貨の発券国の財政赤字など監視強化を

中国の曽培炎元副首相は3日、ドル が支配的な世界金融システムがもたらすリスクを同国が懸念していると 強調し、準備通貨の発券国の監視強化を訴えた。

曽元副首相は北京で、「主要準備通貨の安定維持のためのシステム が存在すべきだ」と述べた。また財政赤字と経常赤字の監視を促し、 「外国通貨が中国の問題になる可能性が高い」と付け加えた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE