投機的水準の債券デフォルト率、6月は年初来最悪の水準-S&P

米格付け会社スタンダード・アン ド・プアーズ(S&P)の暫定試算によると、格付けが投機的水準にあ る債券の1年間のデフォルト(債務不履行)率は6月に9.2%となり、 年初来で最悪の水準に達した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。