離婚や夫との死別、こんな中高年は認知症に注意-リスク高いとの研究

50歳を過ぎてパートナーとの別れに よる精神的な混乱を受けると、アルツハイマー病を発症するリスクが 最も高いとの研究結果が、ブリティッシュ・メディカル・ジャーナル (BMJ、オンライン版)に2日掲載された。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。