川崎重、中国大連のドック稼働を一部延期-造船不況で

(2段落目以降に稼動延期の詳細を追記します)

【記者:松井博司 菅磨澄】

7月3日(ブルームバーグ):国内重工業3位の川崎重工業は中国大 連市で進めている造船ドックの稼働計画の一部を先送りする。昨年秋の 金融危機以降、世界の造船業の受注が止まっているためで、造船受注の 回復を待って稼働を始める。

12年に本格稼動予定だったドックを3年ほど先送りする。川崎重グ ループは中国資本と共同で、大連市内にある180万平方メートルの敷地 に2基の造船ドックを建設。中国最大級の造船所にする予定だったが、 造船需要の大幅な減退で、うち1基の稼動は当面見送ることにした。同 社の造船部門を担う100%出資子会社、川崎造船(本社神戸市)の谷口 友一社長が2日、ブルームバーグ・ニュースとのインタビューで明らか にした。

ドック稼動を延期するのは、川崎造船第4の拠点となる大連中遠造 船工業有限公司(大連市)。大連市内に建設する予定だった2番目の造 船ドック建設を先送りする。すでにドックは建造中で、2010年5月前後 には完成の予定。ただ、2号ドックについてはすぐには稼動せず、需要 動向をみて決めることにした。谷口社長はフル稼働となるのは現時点で は「2015年ぐらい」と予想している。

谷口社長によると、川崎造船の船舶受注残は、13年の建造分まであ り、今のところキャンセルもなく、目先の仕事は確保できている状況。 ただ、「それ以降が問題」で、受注計画の見直しにも着手している。

4拠点で造船の規模と効率を追求

三菱重工業が6月に公表した推定資料によると、世界の造船業界で は金融危機以降、海運会社の倒産や新造船の発注キャンセル、納入の延 期要請が多発している。船の値上がり益を狙った投機的な発注もあった ため、昨年10月から今年5月までの間に世界で807隻の注文がキャンセ ルされたという。

大連中遠造船は、中国の海運会社最大手、中国遠洋運輸集団(CO SCO)と、川崎造船初の中国拠点、南通中遠川崎船舶有限公司(略称 :NACKS、江蘇省南通市)との合弁会社。ただ、川崎造船からの直 接的な出資はなく、設計や技術支援を川崎造船側が引き受ける。

川崎重工業の船舶部門は国内造船業には珍しく、中国に合弁製造拠 点を持ちコスト競争力で優位に立つのが特徴。95年に設立したNACK SもCOSCOと川崎造船の折半出資だが、川崎側は主力工場の坂出工 場(香川県)に中国人研修生を受け入れるなどして、日本と同じ品質の 船舶を建造できる体制を整えた。

今ではNACKSは川崎造船の第3の拠点に育っており、川崎造船 は大連中遠造船を含めて4拠点ごとに建造する船種(ふなだね)を分け て生産効率を高める計画だ。

川崎重工の創業の地、神戸工場では主に基本設計や修繕を行う。主 力の坂出工場ではLNG(液化天然ガス)船などの高度な建造技術を要 する船を建造する。NACKSでは大型のばら積み船やコンテナ船を手 掛け、大連中遠では超大型タンカーVLCCや30万トンクラスの鉱石運 搬船などを建造する計画だ。

NACKSのVLCCタンカーの建造力は年10隻程度で、坂出工場 の倍以上。大連も第2ドックが完成すればNACKSと同じ建造能力に なるという。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE