ホンジュラス大統領、週末に帰国の意向-米国に「強い」行動求める

6月28日に発生したクーデター で軍に国外追放されたホンジュラスのセラヤ大統領は2日、帰国の計 画を進めていることを明らかにし、復権に向けて同大統領を支援する 米国の「強い」行動を求めた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。