作曲家らの印税「驚異的」増加へ、M・ジャクソンさん急死で放送急増

米ポップ界のスーパースター、マ イケル・ジャクソンさんが先週急死したのを受け、「今夜はビート・ イット」や「ビリー・ジーン」などの大ヒット曲が放送電波を独占、 著作権使用料の支払いが「驚異的」に増加しそうだ。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。