PIMCOのエルエリアン氏:米失業率のピークは2010年以降-FT

債券ファンド大手の米パシフィック ・インベストメント・マネジメント(PIMCO)のモハメド・エルエ リアン最高経営責任者(CEO)は2日付の英紙フィナンシャル・タイ ムズ(FT)に寄稿し、米失業率がピークを付けるのは2010年以降に なる見込みだと指摘した。

同氏によると、米失業率は最高11%に達し、しばらくその水準に とどまる可能性があるという。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 守護 清恵 Kiyoe Shugo  +81-3-3201-7499 kshugo@bloomberg.net Editor:Eiji Toshi 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Jeran Wittenstein at +1-415-617-7203 or jwittenstei1@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE