PIMCOのエルエリアン氏:米失業率のピークは2010年以降-FT

債券ファンド大手の米パシフィック ・インベストメント・マネジメント(PIMCO)のモハメド・エルエ リアン最高経営責任者(CEO)は2日付の英紙フィナンシャル・タイ ムズ(FT)に寄稿し、米失業率がピークを付けるのは2010年以降に なる見込みだと指摘した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。