クレセゾン株続落、ショッピング需要不透明-GS証格下げ

流通系カード最大手のクレディセ ゾンの株価が前日比5%安の1094円まで下げ、2カ月ぶりに1100円 を割り込んだ。個人消費の低迷傾向から、ショッピング需要の先行きに 対する不透明感が強まっている。ゴールドマン・サックス(GS)証券 では2日付で投資判断を「買い」から「中立」へ引き下げた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。