IMFの元西半球局長ルーザー氏:第3四半期のメキシコ格下げを予想

国際通貨基金(IMF)の元西半 球局長、クラウディオ・ルーザー氏は、メキシコの信用格付けが7- 9月(第3四半期)に引き下げられるとの見方を示した。同国政府は 石油収入への依存軽減を図る法案成立を目指しているが、議会からの 支持集めが難航しているためだと説明した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。