英中銀のマイルズ氏:英経済の迅速なプラス成長回復の可能性は低い

イングランド銀行(英中央銀行)の 金融政策委員会(MPC)メンバーのデービッド・マイルズ氏は2日、 英経済について、金融危機後の「迅速な」プラス成長回復はないとの 見通しを明らかにした。

同氏は英議会の財政委員会で、「プラス成長の回復は十分可能で、 経済における政策のけん引力は増しつつあるものの、英経済が向こう 数年にわたって持続可能な急成長路線に戻る公算はかなり小さいとみ られる」と述べた。

1-3月(第1四半期)の英成長率は前期比マイナス2.4%と、 過去50年間で最悪だった。マイルズ氏は、金融システムが「救命措 置に頼った状態にある」なかで、与信は依然として「真の課題」だと 指摘。銀行はデフォルト(債務不履行)による貸倒損失の拡大を見込 んでおり、この日発表された統計では、6月の英建設活動が予想外に 縮小ペースを加速したことが示された。

マイルズ氏は、ポンド上昇も景気回復を危うくする可能性がある と語った。ポンドはドルに対し、年初来で12%上昇している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE