シカゴ大豆:6日で5回目の下落、需要減で-トウモロコシも安い

シカゴ商品取引所(CBOT)では 2日、トウモロコシ相場が6営業日で5回目の下落となった。加工業 者の需要が落ち込んでいるとの観測が高まった。トウモロコシも売ら れ、週間ベースでは過去7カ月間で最大の下落率を示している。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。