FRB:総資産2.01兆ドル、2週連続の縮小-1日終了週

米連邦準備制度理事会(FRB) が2日発表した1日終了週のバランスシート(貸借対照表)週間報告 によると、総資産は前週比199億ドル(1%)減の2兆100億ドルと、 2週連続で縮小した。商業銀行や事業会社向けの貸し出しが減少した。

1日現在、商業銀行向け窓口(公定歩合)貸出残高は357億ドル と、前週の492億ドルから減少。FRBがコマーシャルペーパー(C P)を企業から直接購入する昨年10月導入のプログラム(CPFF) のCP保有残高は1206億ドルから1111億ドルに減少した。

FRBは先週、資金供給プログラムの1つを期限通り終了させる ことと、他の2つの規模を縮小することを明らかにした。FRBは金 融市場の改善に伴い、介入終了に向けて最初の一歩を踏み出した。

FRBは6月10日に公表を開始した月間のバランスシート報告 で、資金供給プログラムの最近の縮小について、「ここ数週間の金融 市場の環境改善」に伴うものだと説明した。

1日現在、各国中銀との通貨スワップ協定に基づくドルの貸出残 高は前週比48億ドル減の1146億ドル。ターム・オークション・ファ シリティー(TAF)による商業銀行向け貸出残高は、同変わらずの 2828億ドルだった。

FRBは6月25日、2週に1度実施しているTAFの入札規模を 1500億ドルから1250億ドルに減額することを明らかにした。7月13 日付で実施する。市場環境の改善が続けば、「TAFを通じての資金 供給はさらに段階的に縮小される」という。通貨スワップ協定などの プログラムの期限は3カ月延長され、来年2月1日となった。

MBS

1日現在、住宅ローン担保証券(MBS)の保有残高は前週比47 億8000万ドル減の4624億ドル。米国債は同103億ドル増の6635億ド ルだった。政府支援機関(GSE)債は同12億ドル増の978億ドル。

プライマリーディーラー(政府証券公認ディーラー)向け貸出残 高は8週連続でゼロ。同残高は5月13日、リーマン・ブラザーズ・ホ ールディングスの破たん直前の昨年9月10日以後で初めてゼロにな った。

資産担保コマーシャルペーパー(ABCP)市場とマネーマーケ ット・ファンド(MMF)に流動性を供給するプログラム(AMLF) の貸出残高は155億ドルから148億ドルに減少。公的管理下にある保 険会社アメリカン・インターナショナル・グループ(AIG)向けの 貸出残高は827億ドルから834億ドルに増加した。

AIGは先週、海外の生命保険2部門の優先株をニューヨーク連 銀に譲渡し、同連銀に対する債務を250億ドル(約2兆4000億円)圧 縮することで合意したと発表した。

FRBは信用逼迫(ひっぱく)の緩和と銀行の流動性需要への対 応のため、総資産を1年前に比べ1兆1000億ドル増やしている。昨年 12月には過去最高の2兆3100億ドルに達していた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE