米連邦破産裁判所、GMの資産売却に関する審理終了-判断は示さず

ニューヨークの米連邦破産裁判所の ロバート・ガーバー判事は2日、米連邦破産法11条に基づく会社更 生手続きを進めている米自動車大手ゼネラル・モーターズ(GM)が 資産の大半を米財務省出資の受け皿会社に売却することの是非を問う 審理を終了した。判断を示す時期は示さなかった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。