NY銅先物:下落、米雇用者数の予想上回る減少で景気懸念高まる

2日のニューヨーク銅先物相場は下 落した。6月の米雇用統計で非農業部門雇用者数の減少幅が市場予想を 上回り、世界経済は低成長が続くとの懸念が高まった。

米国の6月の非農業部門雇用者数は前月比46万7000人減少。失 業率は9.5%と、1983年8月以来の高水準に上昇した。ブルームバー グ・ニュースがまとめたエコノミスト79人の予想中央値では、雇用者 数は36万5000人減が見込まれていた。

インテグレーテッド・ブローカレッジ・サービシズのヘッドディー ラー、フランク・マギー氏(シカゴ在勤)は「米雇用統計を受けて多く の市場が全体的に弱くなる中で、値を下げた」と指摘した上で、「景気 拡大が定着するとの確信は薄れている」と語った。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のCOMEX部門の銅先物 相場9月限終値は前日比2.5セント(1.1%)安の1ポンド=2.3055ド ル。今週の下落率は0.2%となった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE