香港株(終了):下落、ECB政策決定や米雇用統計控え不透明感

香港株式相場は下落。欧州中央 銀行(ECB)の政策決定や米国の雇用統計発表を控えた不透明感 から欧州株が安く始まったことにつれて、引けにかけて下げに転じた。

米ウォルマート・ストアーズなどが取引先の商社リー・アンド・ ファン(494 HK)は1.2%安。一時は7%高まで上げていた。原油 先物の3日続落を受けて中国の石油大手、中国海洋石油(Cnoo c、883 HK)は1.8%安。

一方、中国2位の保険会社、中国平安保険(2318 HK)は証券会 社が投資判断を引き上げたことから3.3%高となった。

ハンセン指数は前営業日比200.68ポイント(1.1%)安の

18178.05で終了。一方、ハンセン中国企業株(H株)指数は同0.1% 高の10971.89で引けた。

リー・アンド・ファンは20.55香港ドル。Cnoocは9.44 香港ドル。平安保険は54.20香港ドル。

-- With assistance from Jeanny Yu. Editors: Nick Gentle , Sam Waite

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: アムステルダム 木下 晶代 Akiyo Kinoshita +31-20-589-8544 akinoshita2@bloomberg.net Editor: 記事に関する記者への問い合わせ先: Jonathan Burgos in Singapore at +65-6212-1156 or jburgos4@bloomberg.net . 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Rocky Swift at +81-3-3201-2078 or rswift5@bloomberg.net.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE