中国の鉄鋼メーカー、7月末までに鉄鉱石の契約価格の決定目指す

中国の鉄鋼メーカーは、鉄鉱石の年 間契約交渉を7月末までに終えることを目指しており、値下げ要求の 緩和を検討する可能性がある。河北鋼鉄集団のティエン・チピン副社 長が2日、明らかにした。

同副社長は電話取材に対し、「年間契約の一部は6月30日に期限 を迎えたが、まだ1カ月の猶予期間がある」とした上で、「双方は正式 交渉を続け、できるだけ早期に価格を決定すべきだ」との見解を示し た。

中国誌、財経は1日、中国の鉄鋼メーカーが価格交渉で33-40% の値下げを話し合う用意があると伝えた。従来は最大45%の引き下げ を要求していたという。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE