アジア株:金属株高い、金属価格上昇で-新生、あおぞら銀は下落

2日のアジア株式市場では、金属 株が上昇。金属価格が値上がりしたほか、中国が成長見通しを達成す るとの楽観的観測が広がった。一方、日本株は、来年秋の合併を正式 発表した新生銀行とあおぞら銀行を中心に下落した。

オーストラリア最大の産金会社、ニュークレスト・マイニング は3.3%高。金相場が3日ぶりに反発したことから買われた。ニッケ ル生産のパシフィック・メタルズは3.7%高。メリルリンチが中国の 需要を理由に、目標株価を引き上げたことが好感された。新生、あお ぞら銀行はともに5%強値下がりした。

いちよし投資顧問の秋野充成運用部長は、投資家は世界経済が回 復しつつあると感じているものの、見通しが不透明で景気回復に確信 を持てないようだと説明した。

MSCIアジア太平洋指数は日本時間午後3時7分現在、前日比 ほぼ変わらずの103.16。値上がり銘柄と値下がり銘柄との割合はほぼ 同じだった。同指数は1-6月(上期)に15%上昇し、伸び率は米欧 の指数を上回った。日経平均株価の終値は同63円78銭(0.6%)安 の9876円15銭。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE