7&i:3-5月純利益28%減-スーパー、百貨店減益(Update1)

国内小売りグループ最大手のセブ ン&アイ・ホールディングス(7&i)が2日発表した第1四半期 (2009年3-5月)の連結業績によると、純利益は前年同期比28% 減の237億円だった。景気低迷が続くなか、スーパーストア、百貨店 事業が大幅な減益だった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。