米国民:7人に1人が医療保険無加入、08年-疾病対策センター

米疾病対策センター(CDC)が 1日発表したリポートで、米国民の7人に1人が昨年、医療保険に加 入していなかったことが明らかになった。米国では1997年以降、280 万人が新たに無保険者となった。

CDCの発表資料によると、米国の無保険者の数は2008年に約 4380万人となり、前年の4310万人から増加した。

セベリウス米厚生長官は5月、失業の影響で保険が不十分、また は保険に全く加入していない米国民の数が増加したと指摘した。国民 皆保険に向けて医療保険制度改革を推進するオバマ大統領は、10月ま でに関連法案を可決するよう議会に迫っている。

65歳未満の無保険者が全人口(3億400万人)に占める割合は約 17%に達した。これは比較可能な最も古い統計が入手できる1978年を 約5ポイント上回っている。

人口上位20州で見ると、65歳未満の無保険者の割合はフロリダ とテキサスが約25%で最も高く、マサチューセッツが3.4%と最も低 かった。

-- Editors: Lena Lee, Carey Sargent.

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 柴田 広基 Hiroki Shibata +81-3-3201-8867 hshibata@bloomberg.net Editor: Ryoji Uchida 記事に関する記者への問い合わせ先: Jason Gale in Singapore at +65-6212-1579 or j.gale@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Lena Lee at +81-3-3201-8562 or llee42@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE