マンハッタン集合住宅価格、7年ぶり下落-リーマンの影響ようやく

米ニューヨーク・マンハッタンの集 合住宅の価格が2002年以来7年ぶりに下落した。リーマン・ブラザ ーズ・ホールディングスの破たんやベアー・スターンズの経営難の影 響が、米都市部で最も高価な住宅市場にもようやく及んだ格好だ。

4-6月(第2四半期)の集合住宅価格の中央値は前年同期比

18.5%下落の83万5700ドル(約8070万円)。ニューヨークの不動 産鑑定会社ミラー・サミュエルとブローカーのプルデンシャル・ダグ ラス・エリマン・リアル・エステートが2日発表した。販売件数は同 50%減と、ミラー・サミュエルが統計を取り始めた1989年以降最大 の落ち込みとなった。

不動産ブローカー、コーコラン・グループのパメラ・リーブマン 最高経営責任者(CEO)はインタビューで「リーマン・ブラザーズ の破たん後に続いていた横ばいの動きが崩れた。『参った』と叫んだの は売り手の方だった」と語った。

マンハッタンの広い範囲で価格が下落するのは、ほぼ4年間続い ている今回の米住宅不況で初めて。あらゆる大きさと価格の共同住宅 やコンドミニアムが軒並み値下がりしている。

ニューヨーク市の民間セクターの雇用者数は5月までの1年間で 9万1200人(2.8%)減少。世界の大手金融機関の貸倒損失・資産 評価損は計1兆4000億ドルを超えている。

-- Editors: haron L. Lynch, Alan Mirabella

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 柴田 広基 Hiroki Shibata +81-3-3201-8867 hshibata@bloomberg.net Editor: Kanta Watanabe 記事に関する記者への問い合わせ先: Oshrat Carmiel in New York at +1-212-617-3317 or ocarmiel1@bloomberg.net. 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Alan Mirabella at +1-212-617-4149 or amirabella@bloomberg.net .

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE