6月の米失業率26年ぶり高水準、雇用者36.5万人減か-BN調査

2日に発表される6月の米雇用統計 で、非農業部門雇用者数は前月比36万5000人減少し、オバマ政権の 景気刺激策にもかかわらず労働市場が改善している兆しはほとんど見 られないことが示される見通しだ。ブルームバーグ・ニュースが金融・ 調査機関79社を対象に実施した調査で明らかになった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。