生鮮クロマグロの漁獲量が大幅減少―卸値高騰で消費者離れ加速か

漁業情報サービスセンター(東京都 中央区)が2日に集計した調査(速報値)によると、全国主要産地の6月 の生鮮クロマグロ漁獲量は前年同期比82%減の273トン、1-6月の 累計で同75%減の水準まで落ち込んだ。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。