TB需要が過熱、国内外から余剰資金の流入続く-対レポ格差は縮小

短期金融市場では、国庫短期証券 (TB)に対する需要の高まりに過熱感が出てきている。国内のみな らず海外の投資家からも余剰資金が流入していると指摘され、国内の 資金調達コストを無視した水準まで利回りが低下している。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。