米ホテル対象の不動産ローンでデフォルト倍増-企業の出張抑制などで

カリフォルニア大学の不動産・都 市経済フィッシャーセンターの代表を務めるケネス・ローゼン氏によ ると、米ホテルを対象とした不動産ローンの最大5件に1件が2010 年にかけてデフォルト(債務不履行)に陥る可能性がある。リセッショ ン(景気後退)の影響で企業が出張や手当を減らしているからだ。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。