ファイザーとグラクソ禁煙治療薬、自殺リスクの表示義務付け-FDA

米食品医薬品局(FDA)は1日、 米製薬大手ファイザーと英製薬大手グラクソ・スミスクラインの禁煙 治療薬は、自殺のリスクを含む精神的な副作用について米国で最も厳 しい警告を表示する必要があると指摘した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。