債券先物が小幅高、10年債入札無難で安心感-短中期債への買い続く

債券市場では先物相場が小幅高(利 回りは低下)。増発後で最初の10年債入札が無難な結果となったこと で買い安心感が広がったほか、短中期債が引き続き堅調となり、相場を 支えた。半面、超長期や長期債は軟調で、利回り曲線は傾斜化した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。