米エール大のシラー教授:リセッション終息近づく-住宅価格が示唆

米エール大学のエコノミスト、ロ バート・シラー教授は1日、住宅価格の下落ペースの鈍化は、米国の リセッション(景気後退)が終息に近づいていることを示す兆候かも しれないとの見方を示した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。