7月1日の海外株式・債券・為替市場

(米国株、米国債を最新版に差し替えます)

○米国株:米株式相場は反発。製造業と住宅販売に関する指標を受け、 リセッション(景気後退)の最悪期が終わったとの見方が一段と強ま り、買いが入った。

ロシアで工場を拡大する可能性を明らかにしたクラフト・フーズ がダウ工業株30種平均のけん引役となった。飲食店チェーンのヤ ム・ブランズは5%高。ゴールドマン・サックス・グループの買い推 奨がきっかけ。

S&P500種株価指数の全10セクターのうち8業種が上昇した。 米供給管理協会(ISM)が発表した6月の製造業景況指数は製造業 活動の拡大と縮小の境目を示す50は下回ったものの、縮小ペースは 過去10カ月で最も緩やかとなった。5月の中古住宅販売成約指数は 4カ月連続で上昇した。

S&P500種株価指数は前日比0.4%高の923.33。ダウ工業株30 種平均は57.06ドル(0.7%)上昇の8504.06ドルで終えた。ニュー ヨーク証券取引所(NYSE)の騰落比率は4対1。

スリベント・ファイナンシャルのアナリスト、マイケル・ビンガ ー氏はISM指数と住宅指標について「先行指標と見なされている。 両分野で底入れし、回復のチャンスがあると認識されれば、相場にと っては好材料だ」と述べた。

決算シーズン

第2四半期の決算発表は8日のアルコアを皮切りに始まる。ブル ームバーグのデータによると、S&P500種構成銘柄のアナリスト予 想は第2四半期が34%の減益、第3四半期は22%の減益となってい る。一方、第4四半期は62%の増益が見込まれている。

クラフトは5%上昇し、昨年12月以来の大幅高。10年連続で経 済成長を続けているロシアで、同社は事業を拡張している。

ヤムも5%高。ゴールドマンは投資判断引き上げについて、米国 と中国での事業改善で下期に収益拡大ペースが加速するとの見通しを 理由に挙げた。

シリアルメーカーのゼネラル・ミルズは3.9%高。原料コストの 上昇が鈍化していることを理由に、2010年の見通しを上方修正した ことが材料視された。

バンク・オブ・アメリカ(BOA)の富裕層向け資産運用部門の 最高投資責任者(CIO)、クリストファー・ハイジー氏は「正しい 方向に向かっている。最近の指標は非常に良好だ。住宅市場は所得と 住宅購買力の関係でいえば2000年の水準に戻ってきている」 と指摘した。

フリーポート・マクモラン・カッパー・アンド・ゴールドは

0.9%高。中国の製造業活動が4カ月連続で増加し、銅相場が上昇し たことが買い材料となった。

株式投信が好調

調査会社モーニングスターのまとめたデータによると、4-6月 期の米株式投信のリターンは平均で19%。四半期ベースでのリター ン(投資収益率)としては、過去約10年で最大だった。また過去1 年間では初めてリターンがプラスとなった。

米株式投資信託のうち、4-6月期のリターンが最も高かったの はビル・ミラー氏が運用する投資信託「レッグ・メイソン・オポチュ ニティー・トラスト」の48%だった。リセッションは終わりつつあ るとの兆候に市場参加者が反応し、株式投資を拡大したのが背景。

給与明細書作成代行会社のオートマティック・データ・プロセッ シング(ADP)エンプロイヤー・サービシズが発表した給与名簿に 基づく集計調査によると、6月の米民間部門の雇用者数は前月比47 万3000人減少した。ブルームバーグがまとめたエコノミスト予想の 中央値(39万4000人減少)よりも悪かったが、材料視されなかった。

債券ファンド大手、米パシフィック・インベストメント・マネジ メント(PIMCO)の共同投資責任者ビル・グロス氏は1日、米国 が貯蓄増・消費減という「新たな標準」に向かうなか、債券や配当の ある株式に投資すべきだとの見解を示した。

○米国債:米国債相場は2年債が上昇。投資家は2日発表の6月の米 雇用統計で労働市場の安定化が示されるとみており、一段の中長期国 債の下落が予想されていることから2年債の購入でリスクを分散した。

償還期限が5年かそれ以下の国債は長期債のパフォーマンスを上 回った。利回り格差は過去1週間で最大となった。サンフランシスコ 連銀のイエレン総裁は、今後数年間は政策金利をゼロ付近で据え置く 可能性があると述べた。

米供給管理協会(ISM)が発表した6月の製造業景況指数は

44.8と、製造業活動の拡大と縮小の境目を示す50は下回ったものの、 縮小ペースは過去10カ月で最も緩やかだった。

UBSセキュリティーズの金利ストラテジー担当責任者、クリ ス・アーレンズ氏は「市場参加者は2日の雇用統計発表を控えて、リ スクを抑えた。より保守的なアプローチだ」と語った。

BGキャンター・マーケット・データによると、ニューヨーク時 間午後4時21分現在、2年債利回りは前日比7ベーシスポイント (bp、1bp=0.01ポイント)低下の1.05%。2年債(表面利率

1.25%、2011年6月償還)価格は4/32上げて100 5/32。10年債利 回りはほぼ変わらずの3.54%。2年債と10年債の利回り格差は7b p拡大して2.49ポイントとなった。

ADP

給与明細書作成代行会社のオートマティック・データ・プロセッ シング(ADP)エンプロイヤー・サービシズが発表した給与名簿に 基づく集計調査によると、6月の米民間部門の雇用者数は前月比47 万3000人減少した。ブルームバーグがまとめたエコノミスト予想の 中央値では39万5000人の減少が見込まれていた。前月は48万5000 人の減少だった。

ブルームバーグ・ニュースのまとめたエコノミスト予想によると、 2日に発表される米雇用統計では36万5000人の雇用者数の減少と失 業率9.6%への上昇が予想されている。

イエレン総裁発言

イエレン総裁は30日、サンフランシスコでの講演後に記者団に 対し、数年間にわたってゼロ付近に維持することが「可能性の範囲に 絶対に含まれないわけではない」と語った。

米国大和証券の債券部門責任者、レイモンド・レミー氏は「イエ レン総裁の今回の発言は重要であり、多くの意味を含んでいる」と語 った。

メリルリンチのデータによると、米国債の投資リターンは今年上 期に4.5%のマイナスと、過去30年間で最悪だった。

財務省は来週、国債入札を実施、2日にその規模を発表する。ブ ルームバーグ・ニュースがまとめた調査によると、規模は10年物イ ンフレ連動債(TIPS)が92億ドル、3年債が364億ドル、10年 債が190億ドル、さらに30年債が110億ドルと見込まれている。

○NY外為:ニューヨーク外国為替市場ではドルと円がほとんどの主 要通貨に対して下落。米国と中国で発表された製造業関連の指標が世 界的なリセッション(景気後退)が和らいでいることを示唆する内容 となり、新興国市場株を含めた株式に資金が流れた。

ブラジル・レアルは対ドルで上昇。前日は15年前の同通貨導入 以来、対ドルで四半期ベースでの最大の上昇率を記録した。08年に は23%下落していた。円は対ユーロで2週間ぶりの安値水準に下落 した。日本銀行がこの日発表した企業短期経済観測調査(短観)で企 業景況感が市場予想を下回る一方、中国の6月の製造業購買担当者指 数(PMI)が上昇したことが円売りを誘った。

バンク・オブ・ニューヨーク・メロンのグローバル・マーケッ ツ・グループ戦略責任者、サマルジット・シャンカー氏(ボストン在 勤)は「機敏な投資家の資金はすでに、一部新興国市場に流れている。 大きな下げを経験した市場が最も大きなリターンを期待できる」と述 べた。

ニューヨーク時間午後4時15分現在、円は対ユーロで1.1%安 の1ユーロ=136円67銭(前日は同135円21銭)。一時は15日以来 の安値となる同135円89銭まで下げる場面もあった。ドルは対ユー ロで0.8%安の1ユーロ=1.4146ドル(前日は同1.4033ドル)。一時 は5日以来の安値水準、同1.4201ドルまで値下がり。ドルは対円で

0.3%高の1ドル=96円62銭(前日は同96円36銭)。

ロイター通信が主要8カ国(G8)の関係者の話を基に、中国が 来週のサミットで新たな準備通貨の提案を協議するよう求めたと報じ ると、ドルは対ユーロで下げ幅を拡大。1ユーロ=1.42ドルを突破 した。

ドルの支配

中国当局はこれまでドルの影響力を弱めることを目指し、国際通 貨基金(IMF)の特別引き出し権(SDR)の通貨バスケットに人 民元を加えることを求めてきた。

ウエストパック銀行のシニア為替ストラテジスト、リチャード・ フラヌロビッチ氏(ニューヨーク在勤)は「これは、明らかにドルを 一歩後退させるテーマだ」と指摘。「ドルが少しでも安定の兆しを見 せ始めると、いつも中国からSDR推奨やドル過小評価のニュースが 飛び込んでくる」と述べた。

IMFが前日発表した外貨準備に関する報告書によると、1-3 月(第1四半期)の世界の外貨準備にドルが占める割合は65%と、 07年以来の高水準となった。

ブラジル・レアルは対ドルで1.2%高。4-6月(第2四半期) には19%上げた。ブラジル株指標のボベスパ指数は0.7%上昇。4- 6月は26%高と四半期ベースでは05年以来の上昇率を記録した。

ドルと円は対ユーロで、主要通貨のなかでは第2四半期の値下が り率トップ。リセッション(景気後退)が和らいでいることを示す世 界的な兆候が、金融危機の最悪期に持ち高が積み増されたドルと円の 売りを促した。

ISMが発表した6月の製造業景況指数が44.8と、前月の42.8 から上昇し、昨年8月以来の高水準となったこともドルと円には悪材 料となった。指数50は製造業活動の拡大と縮小の境目を示す。

「円売り」

中国の6月の製造業購買担当者指数(PMI)は53.2と、前月 の53.1から上昇。4カ月連続で製造業の拡大・縮小の分かれ目とな る50を上回った。

みずほコーポレート銀行の欧州ヘッジファンド営業責任者、ニー ル・ジョーンズ氏(ロンドン在勤)は「中国製造業のニュースは円売 りを促した。少なくともきっかけにはなった」と指摘。「株式相場の 上昇やリスクの高い市場の好調は継続する公算が大きい」と述べた。

S&P500種株価指数は0.4%高。4-6月(第2四半期)は 15%の上昇。

ジョーンズ氏は、円は対ドルで8月末までに1ドル=100円、対 ユーロでは1ユーロ=140円まで値下がりする可能性があるとみてい る。景気回復の兆しが表れれば円を保有する理由もなくなると説明し た。

日本銀行が発表した短観で大企業・製造業の業況判断指数(D I)はマイナス48と、3月の前回調査(マイナス58)から改善。ブ ルームバーグのエコノミスト予想ではマイナス43が見込まれていた。

○英国債:英国債市場では、10年債相場が下落。イングランド銀行 (英中央銀行)による国債買い取り入札で、購入価格が市場価格を下 回ったことが材料視された。

10年債利回りは約1週間ぶりの高水準となった。英中銀は、国 債23億ポンド(2018年償還)を購入した。元英中銀副総裁のレイチ ェル・ロマックス氏がリセッション(景気後退)は終わっていないと の認識を示した上で、「世界経済は引き続き救命措置に依存してい る」と発言した。これを受けて、英国債相場は上昇する場面もあった。

英国はまた、2014年償還の国債52億5000万ポンド入札した。 2日には25億ポンド相当の30年債入札が予定されている。

ロンドン時間午後5時38分現在、10年債利回りは前日比8ベー シスポイント(bp、1bp=0.01%)上げ3.76%となった。同国 債(表面利率4.5%、2019年3月償還)価格は0.66ポイント下げ

105.93。2年債利回りは1.36%と、前日から4bp上昇した。

○欧州債:欧州債市場ではドイツ10年債相場が続落。ドイツが50億 ユーロ規模の国債入札を実施したほか、6月のユーロ圏製造業の縮小 ペースがここ9カ月で最も緩やかとなったことが材料視された。

株価上昇に伴い安全投資としての国債需要が後退したことも下落 要因だった。フランスは2日、最大70億ユーロ相当の国債を入札す る。一方、ドイツ連銀のウェーバー総裁が独紙ビルトに対し、2010 年半ばまでの景気回復はないとの見方を示したことを受け、独2年債 は上昇した。

RIAキャピタル・マーケッツの債券ストラテジスト、ニック・ スタメンコビッチ氏は「供給懸念が引き続き国債相場への重しとなっ ているのは明らかだ」と述べ、ドイツ債の「この日の入札はやや精彩 を欠き、需要も余りなかった。2日にはフランスの大規模な入札が控 えている」と付け加えた。

ロンドン時間午後4時17分現在、10年債利回りは前日比3ベー シスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇の3.41%。同国債(表 面利率3.5%、2019年7月償還)価格は0.21ポイント下落し100.73。 一方、2年債利回りは1.35%と、前日を1bp下回った。

この日のドイツ債入札の結果は、応札倍率が1.3倍と、2月以来 の低水準となった。4月入札は1.8倍だった。

東京ニューズルーム  +81-3-3201-8900

参考画面: 記事に関する記者への問い合わせ先: 東京 藤田比呂子 Hiroko Fujita +81-3-3201-8662 hfujita2@bloomberg.net Editor: Ryoji Uchida、Masami Kakuta 記事に関するエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保 義人 Yoshito Okubo +81-3-3201-3651 okubo1@bloomberg.net

種類別ニュース: 為替 NI FRX 、 NI JFRX、 NI FX NI KAWASE 経済 NI ECO 、 NI JNECO 、 NI JEALL 中央銀行 NI CEN 、 NI JCEN EMU(欧州経済通貨同盟) NI EMU 英国債 NI GLT 債券 NI BON 国債 NI GBN   欧州国債 NI EUB マネーマーケット NI MMK 英国経済 NI UKECO 米国債 NI USB 米国株 NI USS 株式 NI STK 米国預託証券(ADR) NI ADR ミューチュアル・ファンド NI FND 欧州国債 NI EUB 独債券 NI BND 仏債券 NI OAT 英国債 NI GLT 伊国債 NI BTP スペイン国債 NI SMB ベルギー国債 NI BBB オランダ国債 NI NAB 金融市場 NI JMALL 海外市況 NI TOPJF 証券市場まとめ NI WRAP トップニュース NI TOP、 NI TOPJ 海外トップニュース NI TOPKAIGAI

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE