NY銅先物:1週間で最大の上昇、中国製造業の景況感改善を好感

1日のニューヨーク銅先物相場はこ の1週間で最大の値上がりとなり、今年1-6月(上期)の上昇相場を 引き継いだ。世界最大の銅消費国である中国で製造業の景況感が改善し ていることが好感された。

中国の6月の製造業購買担当者指数(PMI)は季節調整後で

53.2と、前月の53.1から上昇した。同国の輸入の大幅な増加を受けて、 銅の上期の上昇率は61%と、同期間としては2006年以来の高い伸び となった。

ソシエテ・ジェネラル(ロンドン)の商品アナリスト、デービッド ・ウィルソン氏は「PMIは中国経済が引き続き回復していることを示 している」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のCOMEX部門の銅先物 相場9月限終値は前日比5.85セント(2.6%)高の1ポンド=2.3305 ドル。中心限月としては先月24日以来最大の値上がりとなった。

米株式相場の上昇で投資家のセンチメントが改善したことも銅の上 げ材料となった。ナショナル・セキュリティーズの主任マーケットスト ラテジスト、ドナルド・セルキン氏は「過去数カ月間、銅は株式市場と 極めて密接な相関関係にある」と述べた上で、「株式市場は世界的な景 気回復の象徴とみられている」と語った。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE