IMF筆頭副専務理事:IMFの起債規模は5000億ドルを下回る公算

国際通貨基金(IMF)のリプスキ ー筆頭副専務理事は1日、IMF理事会がこの日、資金調達のため最大 5000億ドルの起債を承認したが、発行額は上限を下回る公算が大きい と述べた。ブルームバーグテレビジョンとのインタビューで語った。

IMFのストロスカーン専務理事は起債に関する発表資料で、「今 回の革新的な枠組みにより、加盟国が必要とする時に迅速に支援するI MFの能力は一段と強化されるだろう」と述べた。

IMF債は、SDR(特別引き出し権)建てとなる。発表資料によ れば、償還期間は最長5年。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先:

東京 城塚 愛也 Aiya Shirotsuka +81-3-3201-2482 ashirotsuka@bloomberg.net Editor:Eiji Toshi 記事に関する記者への問い合わせ先: Jeremy Torobin in Washington at +1-202-624-1802 or jtorobin1@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Jeremy Torobin at +1-202-624-1802 or jtorobin1@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE