ホンジュラスを格下げも、政情不安などで外貨準備減少なら-S&P

米格付け会社スタンダード・アン ド・プアーズ(S&P)は6月30日、中米ホンジュラスの政情不安 の長期化や財政ひっ迫で外貨準備高が減少した場合、同国のソブリン 格付けを引き下げる可能性があることを明らかにした。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。