昭和シェル:7月の原油処理量を20%削減、輸出は13%増-需要減で

昭和シェルは1日、国内の製品需要 が低迷を続けていることから、7月の原油処理量を前年同月比20%減 の247万キロリットルにすると発表した。同社は、石油製品の輸出量を 同13%増の27万キロリットルに引き上げるとしている。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。