豪州:5月の小売売上高、前月比1.0%増加-予想上回る

オーストリア統計局が1日発表した 5月の小売売上高は前月比1.0%増加した。百貨店や衣料品店、外食 店での売り上げが伸びた。売上高の増加率はエコノミスト予想の2倍 に達した。

4月の小売売上高は前月比0.3%増だった。政府は景気対策とし て、今年に入って総額120億豪ドル(約9400億円)を世帯に給付して いる。

豪州は中国やインドと並んで、1-3月(第1四半期)にプラス 成長を記録した数少ない主要国の1つ。政府の給付金や過去49年で最 低の金利水準が需要を喚起している。小売りのデービッド・ジョーン ズやJBハイファイはともに堅調な売り上げを受けて利益予想を上方 修正した。

RBCキャピタル・マーケッツのシニアエコノミスト、スーリン・ オン氏(シドニー在勤)は、「小売売上高は政府の景気刺激策に支えら れてきており、1日から実施される所得税減税でも同様の押し上げ効 果が見込めるかもしれない」と指摘。ただ、「景気対策が底を尽き、失 業率が上昇する今年後半に消費者は試されることになろう」と述べた。

5月の小売売上高はブルームバーグ調査によるエコノミスト20 人の予想中央値で、0.5%増が見込まれていた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE