プラチナとパラジウム:09年は20%余り下落か-CPMグループ

米調査会社のCPMグループは、 プラチナとパラジウムの2009年の相場平均が前年比で20%余り下落 する可能性があるとの見方を示した。リセッション(景気後退)が長 期化するなか、自動車の触媒コンバータ(浄化装置)に利用されるこ れらの金属の需要が減退するためとしている。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。