すみや株が3日連続ストップ高、M・ジャクソン作品好調

静岡県を地盤に音楽映像ソフトなど のレンタル・販売を手掛けるすみやの株価が3営業日連続でストップ高 (制限値幅いっぱいの上げ)。6月26日付でジャスダック証券取引所 の「債務超過」銘柄から除外されたことが好感されているほか、米人気 歌手マイケル・ジャクソン氏の追悼コーナー設置に伴い、店頭販売が好 転したことが注目されている。

すみや株はこの日も買い気配で取引を開始、前日比4.3%高の122 円で寄り付いた。その後は一気に50円(43%)高の167円まで買われ、 52週高値を更新。この日の出来高は231万3000株。午後3時に167 円で一部比例配分となり、なお差し引き約72万株の買い注文を残す。 26日終値が57円だった同社株は、債務超過解消とM・ジャクソン氏の 急逝を受けて急騰。29、30日ともストップ高で比例配分となった。

いちよし証券投資情報部の宇田川克己課長は、100円台というすみ や株の絶対株価の低さに触れ、「低位株人気が3日連続ストップ高の主 因だろう。M・ジャクソン氏の追悼セールも買いの手掛かりになったと 思われるが、実際の収益への影響などを考えると一過性の上げに終わる 可能性も高い」と話した。

すみやIR担当の木瀬昌浩氏によると、同社は26日午後から同氏 の追悼コーナーを設けるよう29店全店に指示した。各店の売り場責任 者はM・ジャクソン氏の写真などを貼り、同氏のアルバムなどを平積み で陳列、店内で最も目立つ売り場に特設コーナーをつくったそうで、 「すでに品切れが起こるなど、販売は想定以上に好調」という。

追悼セールで世界的ヒット

音楽ソフト小売り英最大手のHMVグループは30日、M・ジャク ソン氏の作品売り上げは死亡した翌日に80倍に急増した、と発表した。 26、27の両日で約5万枚のアルバムが売れたそうで、ビートルズのジ ョン・レノン(1980年没)やエルビス・プレスリー(1977年没)を上 回る売れ行きを見せているという。HMVのサイモン・フォックス最高 経営責任者(CEO)はアルバム「ナンバー・ワンズ」は英国の音楽チ ャートで既に1位になった(前週121位)と説明している。

一方、米紙ウォルストリート・ジャーナル(電子版)は30日、米 国でのM・ジャクソン氏の作品売り上げは死後4日間で41万5000枚 に達し、前週の42倍に増大したと伝えた。米調査会社ニールセン・サ ウンドスキャンのデータを基に伝えている。

日本でもM・ジャクソン氏の作品が売れており、オリコンの週間ラ ンキング(7月6日付)で計5作品がトップ100位以内に入った。日 本における関連銘柄の過去4営業日(25日終値と7月1日午前終値を 比較)の上昇率は、すみやが389%、新星堂が37%、音楽ソフトの製 作などを手掛けるソニーはゼロ%。「TSUTAYA」を展開するカル チャー・コンビニエンス・クラブはマイナス0.4%。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE