東穀取:ザラバ取引を廃止し板寄せ手法を採用と発表-経費削減図る

東京穀物商品取引所は1日、非遺伝 子組み換え(Non-GMO)大豆と、コーヒー生豆のアラビカ種、ロ ブスタ種の3銘柄の取引手法を現行のザラバ方式から板寄せ方式に転換 すると発表した。10月から実施する予定。板寄せ方式に転換することで 経費削減につなげるのが狙い。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。