三菱重:仏アレバに資本参加検討-シェア競合で三つどもえ

三菱重工業は、仏原子力大手アレバ が売却を決定した約15%の株式の取得を検討している。両者の関係強 化で地球温暖化対策でも注目されている原子力発電所の世界シェアを めぐり、米ゼネラル・エレクトリック(GE)-日立製作所連合、東芝 との三つどもえの争いが激化しそうだ。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。