中国:検閲ソフト搭載義務化を延期-日米欧当局や経済界の抗議受け

中国政府は30日、わいせつサイ トへの接続を禁止するソフトのパソコン(PC)新製品への搭載義務化 を当初予定の7月1日から延期すると発表した。米当局や経済団体など が義務化撤回を要請したことが背景にある。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。