米ボーイング:「787」の遅れは新型ジャンボ開発に影響しない

航空機メーカー大手、米ボーイン グは、新型ジャンボジェット機「747-8インターコンチネンタル」 について、納入が予定より1年ほど遅れてはいるものの、現在は開発が 計画よりも進んでいることを明らかにした。このため、先週、納入を延 期した新型中型機「787ドリームライナー」の機体の補強作業向けに 747の技術者などの人的資源を、振り向ける必要はないとしている。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。