IMF理事会、1500億ドル規模の起債計画を承認へ-7月1日に採決

国際通貨基金(IMF)の理事会 は、新たな資金源の確保に向けて同基金が計画している最大1500億 ドル(約14兆4500億円)規模の起債について、7月1日に採決を 行い承認する見通しだ。IMF当局者が匿名を条件に明らかにしたも ので、IMFによる債券発行はこれが初となる。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。