日本株は終盤崩れ小反落、増資懸念で空運やその他金融売り-資源も

東京株式相場は小幅反落。増資観 測による1株価値希薄化の懸念などから、空運やその他金融株が売ら れ、原油安がマイナスに働く鉱業、石油関連株も下げた。日本銀行の 企業短期経済観測調査(短観)で企業景況感の改善幅が予想を下回っ たほか、相場全般の過熱感なども警戒され、午後終盤に株価指数先物 に大口の売りが断続的に出ると、裁定解消売りがかさんだ。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。