債券相場は小幅高、TB金利低下で中期債に買い-2年は0.3%割れ

債券相場は小幅高(利回りは低下)。 朝方は米債安を受けて売り優勢だったが、この日実施の国庫短期証券 (TB)3カ月物入札で落札利回りが低下したことで、2年などの中期 債を中心に堅調となり、相場全体が押し上げられた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。