政府:10年度予算の概算要求基準を閣議了解-過去最大の52.7兆円

政府は1日夕の臨時閣議で、2010 年予算の政策的経費である一般歳出の上限額について前年度を約 9400億円上回る過去最大規模の52.7兆円とする概算要求基準(シー リング)を了解した。各省庁は8月末までに財務省に要求を提出。同 省は年末の予算編成過程で要望を査定し、シーリングの枠内に収める。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。