「ミセス・ワタナベ」撤退も、FXレバレッジ規制で流動性低下の恐れ

外国為替証拠金取引(FX取引) の「証拠金倍率」(レバレッジ比率)を制限する規制案は、かつて 「ミセス・ワタナベ」と呼ばれ、海外からも注目された日本の主婦投資 家など個人投資家のFX取引からの撤退につながる可能性がある。アナ リストらからは、外国為替市場全体の流動性を低下させかねないと懸念 する声も出ている。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。