大企業景況感が2年半ぶり改善も低水準、予想下回る-短観(Update3)

日本銀行が全国約1万社を対象に行 った企業短期経済観測調査(短観、6月調査)で、大企業の景況感が 2006年12月調査以来2年半ぶりに改善した。海外経済の下げ止まり や内外の在庫調整進展を受けた輸出と生産の持ち直しに加え、政府・ 日銀による経済金融政策が改善に寄与したが、事前予想を下回った。 水準自体も低く、景気の先行き不透明感は払しょくされていない。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。