コンテンツにスキップする

米財務省、官民投資プログラム参加の運用会社を今週指名も-8-10社

米財務省は、不良資産を買い取 る官民投資プログラム(PPIP)に参加する資産運用会社8-10 社を今週にも指名する方針だ。事情に詳しい関係者1人が30日明ら かにした。

財務省の資料によると、同省と契約を結んだ資産運用会社は、そ れぞれ5億ドル(約480億円)以上の民間資金を12週間以内に集め ることが期待される。

債券ファンド大手パシフィック・インベストメント・マネジメン ト(PIMCO)や投資会社ブラックロックは、財務省が契約する有 力候補に含まれている。バンク・オブ・ニューヨーク・メロンの債券 部門スタンディッシュ、インベスコとその関連会社のほか、WLロス、 レッグ・メイソン、TCWグループもPPIPへの参加を申請したと 表明している。

ブラックロックのローレンス・フィンク最高経営責任者(CE O)は4月21日、PPIPの資産運用会社として起用されることを 望んでいると説明した。PPIPは米銀行システム安定化に向けたオ バマ政権の取り組みの1つ。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE